【英語でDo you know?(どう言うの?)】
⑦返答方法に困ったときのフレーズ!

英語でDo you know?シリーズラッキー7回目!
今回は、「返答」をテーマにした内容です!

このシリーズではあまり知られてないネイティブの英語表現をご紹介したいと思います。
筆者特有のギャグ要素もありますので、
肩肘を張らずコーヒーでも飲みながら読んでいただければ幸いです。

皆さん、お元気でいらっしゃいますか。
GL講師の浅井でございます。

今回は「すぐに返事できない・・・!」といったパターンの返答をテーマにした
英語フレーズをご紹介したいと思います。

返答と言えば・・・日本語で「ちょっと待って」がなかなか使えるフレーズなのですが、
私はこの「ちょっと待って」に思い入れがあるのですよ。何も言わず聞いてください。

あれは3年前ぐらいのある日・・・
私はフィリピンにバカンス(おしゃれ)しに行きましてね。
セブ島、マクタン島というところに滞在し、「何もしない」ことを楽しんでいました。

ある朝、暇つぶしに朝市でも見に行こうと想い、外を歩いていたら、
サングラス、ムッキムキ、背が185cmはある、屈強な男(たぶんローカルの方)がこちらに近づいてきましてね。
「人通りもないし、もしかしたら・・・」とぶるぶる震えていたら・・・

マッチョ:Hey, are you Japanese? 
     (日本人かい?)
わたし:Y, yeah. (え、えぇ・・・)
マッチョ:Okay… (よぉし・・・(ニヤリ))
チョトマテチョトマテオニイサーン♪

最近めっきり見かけない、リズム芸を急に目の前でやりだしましてね。
最後にドヤ顔でキメてくるという、お兄さんの素敵なやり口に私、いたく感動しまして。これぞ、国際交流の醍醐味ですね。
そのあと彼はドヤ顔のままその場を立ち去りました。何がしたかったんだ。

でも至極残念なことに、僕はそのとき、某リズム芸を知らなかったのです。
つまり『フィリピンでは変な日本語が流行ってんなぁ・・・』と思ったわけです。
というか、今回のテーマのごとく、僕は大変返答に困ったわけなのです。
なおこの場合の対策方法は・・・ありません。そりゃないよぉ!などで返すしかないです。

では本題!返答に困ったときの3フレーズ!

①一晩考えさせてください。
 “Let me sleep on it.”

“Sleep on ~”で「~のことを考えながら寝る」という意味になります。じっくりと考えてから返答をしたいことや決断に時間がかかることを聞かれた際に使ってみてください。2日以上寝続けることは一般的に無いので、基本的には次の日には返答できるようにすると良いでしょう。

②朝イチでやります。
  “I’ll do it first thing in the morning.”

この表現は「今すぐにはできないけれど、優先事項としては一番なので、明日の早いうちには仕上げます」というニュアンスが伝わるので、緊急度の高い要望をされた時に使ってください。緊急度が高く、かつすぐにできることの場合は “I’ll do it ASAP.” (ASAPは “As soon as possible” の略でエイエスエイピー、もしくはエイサップと発音されます)と伝えると効果的ですね。

③後で答えさせて
 “I’ll get back to you.”

相手に聞かれた質問に対する答えを保留にしたいときに使える表現です。「それに関してはじっくり考えてから、もしくは他の人と相談してから、後で答えますね」というニュアンスが伝わるため、安易には返答できない質問に対して使ってください。 “In a few days” (数日後に)など、具体的にいつごろ返答できるのかという情報を加えることもできます。

 

いかがでしたでしょうか。
「返事を待ってください」と言うのにもいろいろなパターンがあります。
自分が返事ができるタイミングなどを見計らって、うまく使い分けてくださいね。

私はフィリピンでそれを学びました。
去り行くマッチョ兄さんの背中を見つめていたとき、
「チョットマテ マッチョの オニイサン!」と叫べばよかったな、と。

By 浅井 大輔

Follow me!