平成31年度 Hello English!
西成区英語コミュニケーション事業

弊社は、大阪市西成区が行う「英語コミュニケーション事業」の平成31年度の受託事業者として選定されました。西成区にある全小学校を訪問し、児童の皆さんの英語学習の補助となるよう尽力させていただきました。

英語コミュニケーション事業の概要

大阪市西成区にある全小学校を訪問し、ネイティブスピーカーによる少人数制グループレッスンを行いました。
映像やフラッシュカードを用いて英語表現を練習し、たくさんのゲームやアクティビティを体験しながら習った表現を実際に使用し定着させていきました。この事業の目的は以下の5つです。

● 自国と他国の文化を理解する
● 英語表現を楽しく学ぶ
● 英語への苦手意識を軽減する
● 自己の意思を表現できることへの達成感を得る
● 英語を学習する動機付けとなる

レッスンの内容

各校にヒアリングをし、実施学年や実施規模、児童の皆さんの様子を伺いながら、最適なプログラムを考案しました。
今期扱ったテーマは以下の4つです。

  • 動物(Animal)
  • 食べ物(Food)
  • 買い物(Shopping)
  • イベント(Event)

① 動物(Animal)

主に低学年を対象に行いました。DogやCatなどの身近な動物から、OtterやPorcupineといった少し難しい単語にも挑戦しました。音や映像を使いながら、身体を使って新しい表現を学び、「自分の好みを相手に伝える」ところからコミュニケーションをスタートさせていきました。

② 食べ物(Food)

主に中学年を対象に行いました。スーパーでよく見かける単語から、Romanescoなどの初めて見るであろう単語まで取り扱いました。低学年に比べ、より多くの単語や表現の中から、「自分の話したいこと」を選ぶ練習をする中で、会話の広がりを経験しました。

③ 買い物(Shopping)

主に高学年を対象に行いました。「買い物」をするときに使用する表現を練習し、ネイティブ講師を相手に買い物のロールプレイを行いました。学校で習った英語が実際に“使える”と思える場面を多く設定し、より実践的な状況下で英語をツールにコミュニケーションをとる経験をしました。

④ イベント(Event)

主に高学年を対象に行いました。時期に合わせて「お正月」をテーマに取り上げ、12支などを英語で学びました。仲間と協力して行うアクティビティを多く取り入れており、英語を使って相手とコミュニケーションがとれる喜びを感じてもらいました。

今事業を通して

今回の「英語コミュニケーション事業」のレッスン後、毎回児童の皆さんにアンケートを書いていただきました。
その中に “えいごとともだちになれた” という嬉しい一言がありました。このような英語体験活動をきっかけに、英語に興味を持ったり、外国の文化と日本の文化との違いや共通点を発見したり、もっと学びたい

Follow me!