ハロウィンって何?
~ハロウィンの起源や由来~

【英語コラム:世界の文化編】

もうすぐハロウィン。年を追うごとに人気が高まっているイベントの1つです。元々は秋の収穫を祝い、悪霊から身を守るための宗教的なイベントでした。仮装をして街に繰り出す日本のハロウィン文化とは少し異なる、ハロウィンの起源や由来をお届けします。

Origins of Halloween

現在、世界中で行われているハロウィンは、さまざまな影響を受けてきました。その1つに、古代ケルト(ブリテン諸国のアイルランド、スコットランド、ウェールズなどにその民族と言語が現存している)のサウィン祭りがあります。10月31日から11月2日に行われるこの行事は、新しい年への移行を意味します。この時期に、生きているものと死者の領域が重なるとケルト人は信じていました。悪霊から身を守るため、ケルト人は動物や怪物の衣装を身につけました。身につけることで、霊が勘違いをし手を出してこないと思っていたからです。

キリスト教は、これらのサウィン祭りを取り入れ、All Hallows’ Eve、All Saints’ Day、All Souls’ Dayとしました。そして、後にHallowe’enとなり、最終的に『Halloween(ハロウィーン)』となりました。

Trick-or-treating

ハロウィンの楽しみ方のひとつに、仮装があります。子どもたちは恐ろしいお化けや好きなキャラクターに扮装し、近所の家を訪れてお菓子をもらいます。この風習をTrick-or treatingと呼び、その起源については、諸説あります。

中世のイギリスでは、Hallows’ EveとAll Saints’ Dayに、子どもたちや貧しい人々は近所の家を訪れました。All Souls’ Dayに祈りをする代わりに、食べ物やお金を求めました。

19世紀のスコットランドでは、子どもたちが家を訪れ、食べ物やお金のために寸劇や音楽の演奏をする伝統がありました。これは“guising(偽装)”と呼ばれ、多くの子どもたちは衣装を身につけていました。

これらの風習がアメリカに入り、1950年代にTrick-or-treatingの人気が高まりました。キャンディー会社がより多くの利益を出すために、個別包装のキャンディーを作り始めたことも、Trick-or-treatingの普及に大きく影響した、と言われています。

Food

ハロウィンを祝うアメリカなどの国では、Jack O’Lanternを作るために使ったカボチャの種を取って置き、これらをローストします。

アイルランドでは、バームブラック(干しブドウのケーキ)を作ったり購入したりすることが一般的です。このケーキの中には、おもちゃや指輪などが隠されています。これらを見つけた人は幸運の持ち主であるとされており、例えば指輪を見つけた人は、次の年に最愛の人と出会うと言われています。

 

Symbols of Halloween

Bats(コウモリ)
ケルトのサウィン祭りでは、巨大な焚き火を行います。そして、その火に虫が集まります。虫たちに集まるコウモリは、死をもたらす象徴と考えられていました。また、吸血鬼とも関係しています。
Black cats(黒猫)
中世の時代から、猫は悪魔や魔術と関係があると思われてきました。残念ながら、その考えは今でも続いており、黒猫にネガティブな印象を持つ人が現代にも多くいます。
Black and orange decorations(黒とオレンジの飾り)
黒とオレンジはケルトのサウィン祭りに起源を持ちます。黒は夏の終わりを表し、オレンジは来る収穫期を示します。
Jack O' Lantern(ジャック・オー・ランタン)
かぼちゃに顔などを彫る文化は、アイルランド移民がアメリカに持ち込んだハロウィンの伝統の1つです。19世紀のアイルランドでは、家や庭を悪霊から守るため、カブやジャガイモなどの根菜類に顔を彫る習慣がありました。

See you next time!

 

Follow me!