【英語コラム:世界の文化編】
June Brideとは?

みなさんは「ジューンブライド(June Bride)」という言葉を聞いたことがありますか?6月に結婚をすると幸せな結婚生活を送ることができると言われています。今回は「ジューンブライド」の由来と結婚にまつわるフレーズをご紹介します。

Origin of June Bride

まずは、「ジューンブライド」の起源についてご紹介します。
6月を表すJune(ジューン)は、愛と結婚をつかさどる古代ローマ神”Juno”にちなんでつけられたと言われています。このことから、6月に結婚したカップルはJuno神のご加護を受けられるという説があります。また、実用的な面で考えると、6月は多くの国が天候に恵まれます。雨季が終わり、気温もさほど高くありません。そう言った理由から、この時期に式を挙げる人々が多いことも事実です。

Vocabularies of Wedding 

次に、結婚にまつわる単語をご紹介します。

Bride and Groom
Brideは「花嫁」、Groomは「花婿」を表します。
Fiancé and Fiancée
Fiancéは「結婚を控えた男性」、Fiancéeは「結婚を控えた女性」を表します。
Bridesmaids
結婚式の準備や花嫁のサポートをする女性達を”Bridesmaids”と呼びます。通常花嫁によって選ばれた友人や家族、親戚が役目を担います。
Maid of honor
Bridesmaidsのリーダーを”Maid of honor” と言います。
Groomsmen
新郎側にも、結婚式を手伝う人々が存在します。こちらは”Groomsmen”と呼ばれ、Bridesmaids同様、友人や家族、親戚の中から新郎が選びます。
Best Man
Groomsmanのリーダーは”Best Man” と呼ばれます。
Ring Bearer
式の最中に指輪を交換するシーンは有名で、その指輪を運んでくるのが”Ring Bearer” の役割です。伝統的に男の子がすることが多いですが、中にはペットの犬に運んでもらうカップルもいるそうです。
Flower Girl
花嫁の登場の際、バージンロードの先頭を花びらを散らしながら歩くのは”Flower Girl”です。女の子がバスケットに入った花びらを舞わせるシーンは映画などでも度々登場します。
Aisle
結婚式で新婦が歩く道を日本語では「バージンロード」と呼びますが、英語ではAisleです。

Phrases of Wedding 

最後に、メッセージカードやスピーチで使えるフレーズをご紹介します。

There will never be another you.
「あなたの代わりはいない。」
“A successful marriage requires falling in love many times, always with the same person.” – Mignon McLaughlin
「結婚の成功の秘訣は、同じ人と何度でも恋に落ちること。」
“The best thing to hold onto in life is each other.” – Audrey Hepburn
「人生の中で手放してはいけない最も素敵なものはお互いである。」

6月は梅雨で浮かない天気が続きますが、結婚式を見かけたらHappyな気持ちになれそうです。

See you next time!