【Level Up My English!】
Show disagreement in English!
~英語で意見を伝えよう~

このシリーズでは、児童・生徒のみなさんにぜひ使ってほしい英語のフレーズや知識などを発信していきます。第4回は「Show disagreement in English! ~英語で反対意見を伝えよう~」です。

 

ディスカッションなどでは、時に相手に反対する場面も出てきます。今回は、「英語で反対意見を伝える」をテーマに、明確かつ相手に配慮をした伝え方のフレーズを見ていきます。

 

 

①You said ~, but I don’t agree with you because ~. 

 意 味   あなたは~だと言いましたが、同意しません。なぜなら~。

まず、相手が言ったことを繰り返し伝えます。自分の解釈が正しいかを確認する意味があります。その上で、反対の立場であることを明確に述べます。”because~”には、そう考える理由をいれます。

You said living in the city would be better than the countryside, but I don’t agree with you because I have a different preference.

(都市に住むほうが地方よりも良いとあなたは言いましたが、わたしは同意しません。なぜなら、好みの違いがあるからです。)

Tips
・countryside(名詞):地方
・preference(名詞):好み

※反対するときの観点
・It is not always true.(疑いを指摘)
・It is not relevant.(関係がないことを指摘)
・It is not possible.(実現可能性が低いと指摘)

 

② For example~. 

 意 味   例えば~。

意見を述べたら必ず具体例を入れましょう。聞いている人が納得するような、イメージしやすい例を話すことを心がけましょう。

For example, there is usually more crime in big cities, and that is scary. I want to feel safe.

(例えば、大都市の方が犯罪が多く発生しているので安心できません。わたしは安全を感じたいのです。)

Tips
・crime(名詞):犯罪

 

③Personally,~.  

 意 味   個人的に言えば、~。

具体例には、自分の個人的な体験談を入れても良いです。その他にも、友達の経験談など、個人的なレベルの話でも1つの具体例になります。

Personally, I like to be around trees and mountains. If I lived in a big city, I wouldn’t be close to nature.

(個人的に言うと、木や山に囲まれていたいんです。もし都市部に住んでいたら、自然から離れてしまいます。)

Tips
・close(形容詞):近い
  

 

④Don’t you think ~? / What about ~?

 意 味   ~とは思いませんか?

スピーチの最中、上記の表現を使って自分の意見を強調させることができます。「~とは思いませんか?」と問いかけることで、印象に残る話になります。 

Don’t you think it’s too crowded in the city?

(街中が混みすぎているとは思いませんか?)

Tips
・crowded(形容詞):混んでいる

 

⑤I can understand why ~. / I can see why ~?

 意 味   なぜ~なのかは理解できます。

相手の意見にある程度の理解を示すことも大切です。ひとりよがりな意見ではないというニュアンスを加えられ、相手に譲歩していることを伝えられます。 

I can see why you would like living in a city. It is very convenient.

(あなたがなぜ町に住みたいのか分かります。とても便利だからです。)

Tips
・convenient(形容詞):便利な

意見を英語で伝えるのは難しいと思うかもしれませんが、今日のフレーズを繰り返し練習することで、英語で意見を伝えられるようになります。ぜひ挑戦してみてください!

see you next time!