【英語でDo you know?(どう言うの?)】
⑮食事と運動に関するフレーズ!

7月に入り、夏本番間近です。海やプールに行く機会も増える夏に向け、ダイエットやボディメイキングを本格的に行っている人も多いかもしれません。今回は「食事」と「運動」に関する単語やフレーズをお届けします。

食事に関するフレーズ ~Phrases of Diet~


まずは食事に関するフレーズから見ていきましょう。

I should eat healthier.
: もっと健康に良いものを食べなきゃ。

健康に良いを表す”healthy”ですが、「ヘルシー」という言葉で日本語にも浸透していると思います。”healthier”にすることで、「もっと」という意味が加わります。

You can try cutting out (dairy, meat).
: (乳製品/肉)を控えてみたら?

“cut out”を直訳すると「切り取る」という意味になります。何か避けている食べ物や控えているものがあるときに使えるフレーズです。( )の中に避けたい食べ物などを入れて使います。

I want / would like to lose (weight / gain) weight.
: 体重を(減らしたい / 増やしたい)。

体重は英語で”weight”です。「減る」は”lose”、「増やす」は”gain”を使います。

I want to eat out less often.
: 外食をもっと減らさなきゃ。

“eat out”で「外食」を表します。”less often”をつけることで、減らす意味合いが加わります。

I want to incorporate more (vegetables / healthy fat) into my diet.
: 食事にもっと(野菜 / 良質な脂肪)を取り入れたい。

“incorporate”は「組み込む、含む」という意味です。”incorporate A into B”で「AをBに入れる、取り込む」という意味になります。ちなみに、アボカドやオリーブオイルなどの良質な脂肪のことは”healthy fat”、トランス脂肪酸など身体にあまりよくない脂肪を”unhealthy fat”と呼びます。

 

運動に関するフレーズ ~Phrases of Exercise~

続いて、運動に関するフレーズです。

I want to be more athletic.
: もっと(たくましく / 運動を習慣的にする人)になりたい。

“athletic”は「(運動選手のように)たくましい」という意味と「運動やスポーツをよく行う」を表します。身体的なたくましさと習慣的に運動することの両方を表現できます。

If you want to burn calories, you should do cardio as well as muscle training.
: カロリーを消費したかったら、筋トレだけじゃなくて有酸素運動もしないといけないよ。

“burn”は「燃やす」という意味ですが、カロリーを消費するときにも使えます。”Cardio”は心臓に負担をかけ、心拍数を上げる運動のことを表します。

I want to focus on toning up my (arms, stomach, legs).
: (腕 / 腹筋 / 脚)に集中したい。

“focus on”で「集中する」という意味です。また、”tone up”で「(身体や筋肉などを)強くする、丈夫にする」を表します。

It's important to stretch between exercises.
: エクササイズの間にストレッチをすることは大切です。

“stretch”は「伸ばす、ストレッチをする」という意味で日本人にも馴染みのある言葉かと思います。

My goal is to train my abs three times a week.
: 1週間に3回腹筋を鍛えるのが私の目標です。

ここでの”goal”は「目標」を表します。”abs”は”abdominal muscles”の略で「腹筋」です。

今日覚えたフレーズをぜひ使ってみてください!

See you next time!