「違う世界に住むふたり」
~ハッピーなパートナーシップに向けてのヒント~

この記事を書いた人✐新谷典子

読者のかたから「パートナーシップについて、知りたい」とお尋ねいただきました。

「パートナーシップ」って 協力関係、結びつき、のこと。
夫婦、恋愛、ビジネス、それぞれのパートナーシップ、というものがあります。
「パートナーシップ」はビジネスでもプライベートでも重要な意味を持ちますね。

今回は、プライベートにおけるパートナーシップに焦点をあててみます。

パートナーシップ 恋愛編

夫婦、恋愛関係におけるパートナーシップにおいて、 大切な前提はパートナーである二人が対等で、二人ともが幸せになってゆけるよう、育んでゆくもの。

「パートナーの幸せが、自分の幸せ」と、お互いが感じて育んでゆけたら素敵ですよね。

ところが…

現実につきあたる悩みとしては、例えばあなたが一生懸命に相手につくしても、感謝もされず、当たり前のようにスルー。

パートナーのためを思ってあなたがやっていることなのに、時にはそれでパートナーに腹をたてられて、あなたは疲弊するばかり… すれ違いが生じて…
こんなことはありませんか?

だとしたら…

そんなけしからんパートナー、わたくし典子がオシオキします!
(# ゚Д゚)(# ゚Д゚)(# ゚Д゚)
と言いたい気持ちもありますが…

これを知ることで状況が変わる場合があります。

同じ場所でも違う世界

あなたとパートナーのすれ違いを解消する第一歩として

「わたしたちは、自分の心が生み出した世界に住んでいる」

ことを知る。

(→このことは「すべて叶える」232ページからも触れています)

どういうことか、なぜそうなのかをお伝えすると長文になりますので、ここではだからこそ、どういうすれ違いが起こるかにのみ言及しますね。

「わたしたちは、自分の心が生み出した世界に住んでいる」

だから、

あなたとパートナーが同じ場所、時間を二人で過ごしていても、見えている世界は、それぞれ違うのです。

だからこんなすれ違いが起こることがあります。

誕生日小景

あなたはパートナーの誕生日を祝おうと、人気のレストランを予約しました。
そこに着くまで、ショッピングにゆき、冬の終わりから春はじめにも重宝する最高級のカシミアのセーターを、パートナー用にみつくろって、その場でプレゼントしました。

その後、レストランに二人は到着。

あなたが、レストランに依頼したとおり、パートナーの名前入りの誕生日ケーキにのせたミニ花火は点火されひかり輝きハッピーバースデーの歌をお店のスタッフさんが歌ってくれました。
レストランのほかのお客様にまで、拍手をしてもらえ、にぎやかな誕生日会となりました。

あなたはパートナーがどんなにか喜んでくれたか、ワクワクしながらパートナーに声をかけます。

「いい誕生日になったね‼」

ところがパートナーは

「そう… だね… ありがとう」

なんだかそっけない。しかもプレゼントしたセーターも一週間たっても着てくれない…

こんなとき、すれ違いを感じることでしょう。

どうして、こんなすれ違いがおきたのか?
あなたとパートナーそれぞれに見えている世界を振り返ってみましょう。

キラキラと薄曇り

あなたとパートナーそれぞれに見えている世界を振り返ってみましょう。

パートナーの誕生日のこの日、あなたに見えてる世界は、

あたたくて素敵なカシミアの服をプレゼントでき、にぎやかで楽しい誕生日会にできて、嬉しい、キラキラした世界

でももしかしたらパートナーに見えてる世界は

毛の服ってチクチクして、いちばん苦手な素材なのに、困ったな…
着るのを想像しただけで痒くなるなあ…
でも、良かれと思ってくれたんだしなあ…

それに、あのレストランはくつろげなかったなあ
二人で静かな誕生日を過ごしたかったのに、レストランで知らないひとにまで、注目されて拍手されるなんて、恥ずかしい…
そっとしておいてほしい…今日、実は仕事で大きなミスをして落ち込んでるんだよね…
あの騒がしいレストランでは
そんなこと言い出すタイミングなかったし…

…こんな薄曇りの世界だったかもしれません。

あなたとパートナーに見えている世界の違いに、思いを馳せなかったら

「わたしは一生懸命に喜ばせようとしてるのに、なんだか、そっけなさすぎ! 反応ひどい… わたしのこと、嫌いなのかな…」
としょんぼりするかもしれません。

これは極端な事例ですが、自分と相手は違う世界を見ている、これを知ることがまず大切です。

パートナーシップを育んでゆくうえでのヒントでした _(._.)_

これをふまえたうえでどんなコミュニケーションの工夫をすると、お互いがハッピーになってゆけるのか、

パートナーシップのあり方について(→企業では、上司・部下のコミュニケーションについてなど)
わたくし、研修、レッスンを行っています_(._.)_

それではまた!


コミュニケーションブログ一覧


この記事を書いた人

新谷 典子

Noriko Shintani
株式会社ヒューマン・ブレーン 執行役員兼国際事業本部長

経営者、後継者、医師、管理職のコミュニケーション、スピーチ、プレゼンテーションアドバイザーを務めるほか、メガバンク向け研修に講師として登壇。


メールマガジンに登録して最新情報を受け取れます。

英語やコミュニケーション、女性活躍に関するブログの更新情報やお役立ち情報を配信中!無料メールマガジンにお気軽にご登録ください。